相手の指定した待ち合わせ場所に出かけました。
そして大きな失望を感じました。
何で失望を感じたのか?と言えば、やってきた相手がアイコンとは似ても似つかぬデブスだったからです。
おいおい、話が違うじゃないか、心の中でつぶやきました。
いわばモンスターと言えるタイプです。
あまりの出来事に、思考回路が停止しました。
相手から挨拶をしてきて、ホテルはあっちだと言いました。
なんだかそれにつられて、ついていってしまいました。
相手はとても慣れた様子でした。
室内に入ったら、バスルームに向かう。
シャワーをして出てきて、裸にされてフェラをされる。
そしていきなりコンドームをつけられました。
さらに「挿入して」と言い出しました。
少しも愛撫とかしていないんです。
ちょっとフェラをされただけなんです。
欲求不満だからフル勃起でしたけど。
なにからなにまで納得いかないまま挿入でした。
挿入すれば声の一つも出してくれると思っていました。
でも、反応してくれませんでした。
射精が終わったらまたバスルームに。
着替え終わってからお金の要求。
約束の2万円を支払う。
ホテルを出てお別れ。
なんだよこれ?って感じでした。
顔を合わせてエッチして、ホテルを出るまでの時間を見ました。
30分でした。

 

 それが援デリであるという話は、高校時代の先輩から聞かされることになりました。
たまたま道端でばったり出会った高校の先輩、「ちょっと飲みに行かないか?」と誘ってくれました。
モテないけれど頼りがいのある先輩と、酒を飲みながら割り切りの話をしてみたのです。
「お前な、Twitterで即ハメになるのって、援デリっていう業者なんだぞ」
断言させてしまったのです。
「それって、もしかして風俗業者のような?」
「そうだよ、悪質な風俗業者だ。素人の振りをして、プロの女を派遣する。短時間で味気ないセックス、別2出す価値が全くないやつだよ」
それで納得って感じでした。
幾らなんだって、素人のセフレがあんなに淡泊なわけありませんから。

 

定番サイト登録無料
割り切りサイトBEST5
割り切りを希望する素人の女の子を探すなら